Open SSLとは、情報を暗号化する通信方法であるSSLをオープンソース化させた仕組みのことです。

SSL通信をあるWEBサイトで導入しようとする際などにこの仕組みが用いられ、この仕組みを利用することで、WEBサイトは個人情報などの機密情報の安全性を保つことができます。