SSL(Secure Sockets Layer)とは、通信のセキュリティを確保するための規約です。

これが用いられているWebサイトでは、データを暗号化し、クレジットカード番号などを安全に送受信することが可能になります。

SSLは米国ネットスケール・コミュニケーションズ社が開発した認証と暗号化を行うための方式であり、主にWebブラウザとWebサーバ間でデータを安全にやり取りするための標準プロトコルとして利用されています。