不正に入手したIDとパスワードを用いてログインし、本来、持ち主しか見ることができない機密情報(氏名、携帯電話番号、固定電話番号、契約内容、 利用状況、個人情報など)を悪用されること。

攻撃者によって、本来の持ち主が保有する仮想通貨を不正に利用され、有料コンテンツが購入されてしまい、高額な請求が届く などの被害が想定されます。

また、IDとパスワードなどを盗用せずに、インターネット上の掲示板や、匿名メールアカウントを利用して、あたかも 第三者であるかのように振る舞う行為を指す場合もあります。