バッファオーバーフロー攻撃とは、パソコンのOSのバグを突いて、コンピュータへ不正なデータを送り込み、システムへの侵入や管理者権限の取得を試みる攻撃手法です。

CやC++言語で開発されたOSやアプリケーションプログラムの入力データ処理に関するバグを突くことが多くあります。