デジタル署名とは、電子署名を行うための技術の一つで、公開鍵暗号を応用したものです。

デジタル署名は、ハッシュ関数とPKIの技術を組み合わせて作り出された電子署名です。
電子メールをはじめ、文書ファイルなどにデジタル署名をつけることで、以下の2点が確認できるようになります。
1. 文書ファイルなどは本当に発信者が送ってきたものか。
2. 途中で何者かによって改ざんされていないか。