ソーシャル エンジニアリングとは、日常的な方法で侵入の手がかりや機密情報を入手する技術のことです。
例えば、パスワードの入力を肩ごしに覗いたり、ゴミの中から情報を探したりすると行った方法を用います。