脆弱性とは、システム上の欠陥や仕様の問題点のことです。

脆弱性が発見されると開発者が修正プログラムを提供するので、安全を保つためにはこれをインストールすることが重要です。

情報セキュリティにおける脆弱性とは、組織や情報システム、物理環境など、情報の取り扱いに関わるさまざまな構成要素の中にあって、情報漏えいや紛失、改ざんなどのリスクを発生しやすくしたり、拡大させたりする要因となる弱点や欠陥のことです。

脆弱性を修正しない場合には、悪意のある人物やウイルスプログラムから、悪意のある行為(乗っ取りや個人情報の入手)の被害を受ける可能性が上がるため、常に最新の修正(更新)プログラムをお使いのパソコンに適用することが重要です。