情報セキュリティ対策とは、抑制、予防、防止、検知、追跡、回復などの機能があることです。
情報セキュリティ対策には、これらの機能のうち必ず一つ以上の機能を持っています。