クロスサイトスクリプティングとは、Cross-Site Scripting:XSSの略です。

Webサイトが独自に開発したアプリケーションプログラムに存在する脆弱性を利用した攻撃手法の一種です。