スマホのセキュリティ-Android端末設定方法[前編]


9

Android端末のセキュリティは個人的なメール・クレジットカード番号・友達の連絡先情報など、他人に知られると問題となる情報が満載されています。Android端末へのマルウェアの感染・端末の紛失/盗難に対抗するための設定方法を紹介します。

■セキュリティアプリの導入しマルウェアへの対応するには?

Android端末には、Google Playなどのアプリストアや各種のWebページからアプリケーションをダウンロードしインストールすることができます。これらのアプリケーションには、端末内の情報を無断で送信するものや端末を暗号化し身代金を要求するものなど、マルウェアとしての動作を目的として作成されたものもあります。Google Playなど有名アプリストアではこういったアプリケーションの排除に乗り出していますが、現在でもマルウェアと思われるアプリの掲載が確認されており、アプリストアからでもマルウェアとして動作するアプリケーションがインストールされる可能性があります。これらに対応するためには、セキュリティアプリ「KINGSOFT Mobile Security Plus」のインストールが有効です。

画像_002

KINGSOFT Mobile Security Plus紹介ページ
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.ikingsoftjp.mguard&hl=en

このアプリケーションは、端末内のアプリケーションをチェックしマルウェアである場合には警告を表示します。そのため、このアプリケーションをインストールすることで端末がマルウェアに感染する危険を減らすことができます。

■Androidデバイスマネージャーの導入し紛失/盗難への対応するには?

Android端末を紛失した場合や端末が盗難にあった場合、端末に保存されている情報が他人に知られる可能性があります。端末を無くさないように注意することはもちろん、万が一にも無くした場合にはすぐに端末をロックし端末内のデータを削除する必要があります。Android OSでは、製造元のGoogleより端末の盗難/紛失への対応としてアプリケーション「Androidデバイスマネージャー」が無償で提供されています。このアプリケーションをインストールすることにより、ブラウザ上から遠隔操作による端末のロックとデータの削除を行うことができます。Android デバイスマネージャーはGoogle Playよりダウンロード・インストールすることができます。

画像_003

Androidデバイスマネージャー
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.apps.adm&hl=ja

ここまでは、セキュリティ対策のアプリケーションを導入することによる対策を紹介しました。端末を安全に利用するためには、さらにAndroidOSの「設定」メニューから下記の項目を設定する必要があります。

※画面の構成や設定メニュー名は端末により異なる場合があります。今回はGalaxy Nexus画面での設定方法をご案内します。

 

■Androidセキュリティ設定を完全に適用するには?

Android OSのセキュリティに関係するメニューは下記手順により開くことができます。
1.デスクトップ画面上の「設定」ボタンをタップします。「設定」画面が表示されます。
画像_004

2.画面内の「セキュリティ」ボタンをタップします。「セキュリティ」画面が表示されます。
画像_005

この画面からは、Android OSの基本的なセキュリティ設定を行うことができます。
画像_006

 

■画面のロックの設定するには?

Android端末では、電源ボタンを押した場合や自動ロック(一定時間後に自動的にロックが行われる)が動作した場合、画面が非表示になります。再度電源ボタンを押すことによりデスクトップ画面へ復帰します。画面のロックを設定することで、デスクトップ画面は復帰する前にユーザーによる認証を要求し、端末の持ち主以外には操作できないよう設定することができます。

1.「セキュリティ」画面上の「画面のロック」をタップします。
画像_007

2.「画面のロック」画面が表示されます。
3.「フェイスアンロック」「パターン」「PIN」「パスワード」のいずれかを選択します。
画像_008

画面のロックで選択することの可能な設定は下記です。

・なし:ロックを行いません
・スライド:画面をスライドさせるだけでデスクトップ画面へ復帰します
・フェイスアンロック:ユーザーの顔を端末のカメラで認識しロックを解除します
・パターン:パターンの入力パネル上を決められた順番に指でなぞることでロックを解除します
・PIN:4文字以上の数字や文字を入力することでロックを解除します
・パスワード:決められた英数字を入力することでロックを解除します

 

■自動ロックの設定するには?

「ディスプレイ」の「スリープ」を設定することで、端末が一定時間操作されていない場合に自動的に画面のロックがかかるよう設定することができます。

1.「設定」画面上の「ディスプレイ」ボタンをタップします。「ディスプレイ」画面が表示されます。
画像_009

2.画面内の「スリープ」ボタンをタップします。「スリープ」の設定画面が表示されます。
画像_010

3.操作が無くなってからスリープが行われるまでの時間を選択します。
画像_011

※.スリープまでの時間が短いほどセキュリティは高くなります

 

■暗号化するには?

Android OSには、端末に保存されているデータを暗号化する機能が搭載されています。この機能では端末内のデータを暗号化し、端末の電源を入れる度にパスワードの入力による復号化を行います。データが暗号化されているため、端末の所有者以外は保存されている内容を確認することができません。

1.Android端末をACアダプタに接続し給電が行われている状態にします。
2.「セキュリティ」画面の「暗号化」ボタンをタップします。「暗号化」の確認メッセージが表示されます。
画像_012

3.「携帯端末を暗号化」ボタンをタップします。
4.データの暗号化が実行されます。
画像_013

■SIMカードロックの設定するには?

SIMカードが挿入されたままの端末が紛失した場合や盗難にあった場合、挿入されているSIMカードが無断で使われてしまう可能性があります。無断で使われてしまうことを防ぐために、Android端末からSIMカードにパスワードを設定することができます。パスワードの設定されたSIMカードは、端末での利用開始前にパスワードの入力が必須となり、他人が他の端末にSIMカードを差し替えた場合であってもそのSIMカードを利用することができなくなります。

1.「セキュリティ」画面の「SIMカードロック設定」をタップします。「SIMカードロック」画面が表示されます。
画像_014

2.画面上の「SIMカードをロック」ボタンをタップしパスワードを設定します。
3.SIMカードにパスワードが設定されます。
画像_015