【セキュリティソフトはゲームの邪魔】サイレントモードなら解決できた


セキュリティソフトはお知らせを出す

セキュリティソフトはパソコンを安全に使うために必要なソフトですが、画面上にお知らせを表示します。お知らせの内容は「プログラムの更新」「セキュリティソフトが起動していると知らせる」「ポップアップ広告」などさまざまです。

普段通りホームページの閲覧やメールチェックをしている時には特に気になるものではありませんが、フルスクリーン表示(全画面表示=画面全体を使って表示する)でDVDを見ている場合や、オンラインゲームを楽しんでいる場合は非常に邪魔で気になります。
また、セキュリティソフトによってはプログラムの更新(=アップデート)を行っている時、パソコンの動作が遅くなる場合があります。

その場合「映画がコマ落ちする」「映画の画面上に表示されたメッセージが消えない」「ゲームがフリーズする」「ゲームの動きが遅くなりバトルで負ける」などの問題が発生する場合があります。(これらはすべて実際にあった事例です)

 

サイレントモードはあなたの邪魔しません

KIS2015_ブログ記事_2014_10_14_001_サイレントモードの説明_001

セキュリティソフトではこのような症状を回避するため、「サイレントモード」「ゲームモード」と呼ばれる機能を搭載しています。
設定画面上でこの機能をONにすることで、ゲームや映画を再生している間は、邪魔になる下記のような動作と表示がキャンセルされます。

・オンラインアップデート(プログラムの更新)を行わない
・セキュリティソフトからのお知らせを非表示
・セキュリティソフトからの各種リマインドを非表示
・ポップアップ広告を非表示
・スケジュールスキャンを行わない

一般的に「サイレントモード」「ゲームモード」はセキュリティソフトをインストールした時点で自動的に設定がされています。
もし、ゲームや映画を再生している間のパソコンの動作に問題がある場合は、手動での設定をお試しください。動作が改善する場合があります。