「Suica ポイントクラブ」に30万件近いアクセス、不正ログインも確認(JR東日本)


東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)は8月18日、同社が提供する「Suica ポイントクラブ」において、通常にはない大量のアクセスが確認されたため、一時会員メニューへのログインを停止したと発表した。また、その後の調査によ り、不正なログインがあったことが確認された。このため現在も一部サービスを停止しているほか、一部のユーザのアカウントを停止している。

これは8月15日1時29分より、同ホームページに対して約296,000件のアクセスがあったことが確認されたことから、同日5時35分より同ホーム ページにおけるサービスを停止し、調査を行っていたもの。このアクセスによって756アカウントが不正にログインされ、会員情報が閲覧された可能性がある ことが判明したため、当該ユーザのアカウントの利用を停止している。なお、今回の事象における登録情報の改ざん、なりすましによるポイントの不正利用は現 在のところ確認されていないとしている。

JR東日本による発表

 

 

Copyright (C) 1998-2014 IID, Inc. All rights reserved.scan_logo